ネットでの買い物が宅配ボックスで変わる

聞き慣れない設備でご存知で無し人も多数かと思われますが、これは比較的最近になって設置され始めた設備となります。場合によりましては「宅配ボックス」となっているケースもありますが、内容は全く同じです。

 

オンラインショッピングが当たり前となり、上手く注文をすれば早朝に注文して夕方に受け取ることも十分に可能となりました。引っ越しをする時には、数多の物件から取捨選択して一つを選ぶこととなりますが、その判断基準となっているのが物件の条件です。

 

それら各種条件の中でも重要な物の一つとして「物件の設備」です。物件の築年数や構造の種類、また広さや家賃の水準などといったことに応じて設備の内容は様々ありますが、内容次第では日々の生活がグッと楽になるケースもあります。

 

この様に、一人暮らしの味方となってくれる宅配ロッカーなのですが、基本的に新規マンションにしか設置されていないのが難点と言えるでしょう。そのような時に活躍してくれるのが宅配ロッカー(ボックス)となるワケです。

 

生物や特定の種類の宅配物では利用することの出来ない場合も有りますが、それでも有ると欠如とでは大きく異なります。使用方法を簡単に説明しますと、不在時に荷物が届いた場合には、配送業者がロッカーに荷物を入れて暗証番号を入力し、そして不在届けをポストなど入れておきます。

 

そして入居者が帰宅した後に暗証番号を入力し解錠し、荷物を受け取ることが出来るというシステムです。主な項目として「家賃」「広さ」「最寄り駅からの距離」などを挙げることが出来ます。

 

しかし、一人暮らしの学生さんや新社会人の場合におきましては、平日の日中は基本的に留守にしていますので、せっかく配送された荷物を受け取る事ができなく、泣く泣く週末に再配達してもらうことになった、そのようなケースが多端のが現状なのです。ある意味で独身者の最大の味方と言えるのが、この「宅配ロッカー」となるでしょう。

 

古めかしい物件だったとしてもリフォームをした時に設置をしたり、アパートタイプの物件でも設置するケースもあるようです。