ネットでの買い物が宅配ボックスで変わる

また不在のときには、隣の居住者に荷物を預けたり、そして預かったりすることも必要なく他の居住者の目に触れることがありません。ですので「どこから送られてきたか」といった事も周囲に知られなく済みますので、プライバシーを守ることが可能デス。

 

宅配ボックスを設置する事によって、空いた時間を別の業務に充ててもらう事が出来るのでは欠如でしょうか。大型で常駐の管理人が存在をするマンションでにおきましては、宅配便などの荷物の預かりにつきましては、業務委託契約で管理員が預かる、とシッカリと決まってるマンションも多くあります。

 

宅配業者が任意の暗証番号を設定することで施錠し、暗証番号を不在者のポストへ入れておくといった流れになりますが、誰でもその動作が可能なことから勝手にすべてのボックスを閉じてしまったり、また虫をいれたりして、定期的にイタズラを解除するために出勤するケースも多くあります。導入費の高さもさる事ながら、毎月のメンテナンス費用として5千円〜1万円だけでなく、5年おきに約6万〜10万円ほどの修理費用が発生する事もあります。

 

24時間オンラインで結ばれてる高機能タイプの宅配ボックスというのは、ランニングコストを考えておく必要があります。別に盆や暮れの時期にもなると、お中元やお歳暮の荷物で管理員室がたくさんとなってしまい、その時期管理員というのは荷物の預かりが主要な業務になってしまうようなケースも少なくありません。

 

初期導入費用が比較的値頃、また電気を使用しない宅配ボックスも多くありますが、そのタイプのボックスでイタズラが頻発したという報告があります。宅配ボックスが設置してある事で、宅配便などの荷物が、不在時に自宅へ届いたとしても、ボックス内に保管されていますので、帰宅時にすぐに受け取る事ができるようになります。