ネットでの買い物が宅配ボックスで変わる

受取人についてはダイヤルを暗証番号に合わせることで扉を開くことができ、荷物を取り出せます。配達員は荷物を入れて、ダイヤルを配達員自身がその場で決めた番号に合わせこれを暗証番号としまして、暗証番号と箱番号を配達通知書に記入し郵便受けに投函します。

 

特段お歳暮やお中元の時期というのは宅配便が急増しますので、宅配ボックスが満杯になりやすい傾向にあります。配ボックスに配達することの出来る荷物であったとしても、宅配ボックスが満杯になっている時には宅配ボックスに配達することは出来ません。

 

宅配ボックスの大きさには限界があるために、その大きさを超えてしまうような荷物は入れることができないため配達は不可能です。暗証番号の設定が必要なく、居住者に予め配布している磁気カードや非接触キーで扉を開き受取りをすることの出来るシステムが多くなっています。

 

宅配ボックスというのは、宅配業者や郵便局などが、受取人留守の場合に荷物を保管しておき、受取人に紙などを利用して宅配ボックスに配達したことを知らせることによって荷物の受け渡しをすることの出来る、ロッカー型の設備のことを言います。宅配ボックスのそれぞれの箱の扉には4桁のダイヤルが設置されています。

 

電気式の場合においては、液晶の表示や操作パネルが設置され、操作パネルや音声で案内される手順に従い荷物を入れます。留守だったとしても荷物を受け取ることができるため、共働きで昼間の宅配物の受け取りが困難な家族や、インターネットショッピングなどの通信販売をよく利用する人にニーズが高まってきています。

 

機種によりましては配達通知書を内蔵プリンタで発行するもの、また配達票を差し込むと受領印を押印する機能を備えたものなどがあります。近年においては特段マンションの共用設備としまして新築物件で導入が進んできています。