ネットでの買い物が宅配ボックスで変わる

宅配ロッカーの更形、要注目です。だが、宅配ロッカー業者も指をくわえて見てるだけではありませんでした。

 

宅配業者の側も、指定配達を時間強化したり、1日に何回も配達をしてくれるなど、宅配ロッカーをあまり使用をする事がなくなってしまいました。そこで一部では宅配ロッカーの撤去を検討するなどの動きが出始めてきたのデス。

 

宅配ロッカーとは、共働きなど日中に宅配便を受け取れない家庭のため、不在時の暫定的に預かりのための宅配ボックス(ロッカー)をマンション共用部分に設置する事により、24時間宅配便の受け入れを可能にするシステムです。キーワードは「シェア(共有、分配)」です。

 

ここにきて、宅配ロッカーの現代的使われ方が開発をされてるのです。ところが、時代は進み、クール宅配便などが開発をされ、宅配ロッカーは万能ではなくなりました。

 

こうなると宅配ロッカーの存在意義がなくなります。秀逸なスペースをとりますし、子供がいたずらして故障をするなどトラブルもあります。

 

今注目の電気自動車(EV)や電動自転車などを、管理組合でシェアし、宅配ロッカーを使って鍵やバッテリー、充電器を管理、もちろん空状況の確認や課金もできます。宅配ロッカーをご存知ですか?上級グレードの商品は、宅配便の発送にも対応をしていて、大きな荷物(ゴルフバッグなど)を送る場合にも役立ちておりました。

 

それまでは宅配業者が管理員さんに暫定的に預かりを頼み、管理員さんが(なかなか荷物を引き渡せない事による)ストレスで参ってしまうなど、宅配ロッカーの出始めのころはある意味ステイタスにもなる注目の設備だったのです。考えてみればマンションは「シェア」とはとても相性がよく、電気自動車や電動自転車のシェアを検討する管理組合もわんさことでしょう。